ブログ

自律神経について

皆様は「自律神経」とはどんな神経なのかご存じでしょうか?

「自律神経」は、自分の意思とは無関係に24時間働き続けています。

自動的に反応する神経のため、呼吸・血液循環・体温調節・消化・排泄・生殖・免疫など様々な機能を無意識に調整しており、生命維持には欠かせません。

そして自律神経は普段の生活で受けるストレスや緊張などで乱れてしまいます。

自律神経が乱れるとどんな症状が見られるのかを知り、予防を心掛けましょう。

自律神経とは

まず、自律神経とは「交感神経」「副交感神経」の二種類あります。
どちらも、内臓、血管、皮膚などの運動と、ホルモンや消化液等の分泌を支配する神経で、心拍数、体温、血管の収縮・拡張など、生物が生きるために必要な様々な体の調整を行っています。

例えば食事にかかわる部分なら、交感神経が働くと胃腸の消化運動が抑制され、
逆に副交感神経が働くと胃腸の運動が活発になるといった具合です。

分かりやすくまとめると
・交感神経   
活動している時、緊張している時、ストレスがある時
血圧上昇、瞳孔拡大など
・副交感神経 
休息している時、寝ている時、リラックスしている時
血圧下降、心拍数減少、瞳孔収縮など
となります。

「交感神経」と「副交感神経」はうまくバランスを取りながら働いているおかげで、私たちの健康は保たれています。
しかし現代は、仕事や学校、家庭でのストレスや緊張から常に「交感神経」が興奮している方がほとんどと言っても過言ではありません。

自律神経が乱れると?

人間関係の悩みやお仕事でのプレッシャーなどによる精神的なストレス、
過労による肉体疲労の他、昼夜が逆転したような不規則な生活などで
「交感神経」と「副交感神経」の切り替えがうまく出来ず、バランスが崩れ、どちらかが常に興奮している状態が続くと自律神経失調症といい身体や精神的に様々な症状が出てきます。

自律神経失調症になると、身体の一部が痛む、精神的に落ち込むなどの症状が現れますが、人によって様々で、複数の症状が重なって現れたり、症状が出たり消えたりすることもあります。

例えば、腹痛や下痢などの胃腸関係の症状や、不眠、倦怠感、吐き気や多汗、全身のだるさ、頭痛、肩こり、疲れ目、手足のしびれ、動悸、便秘、不整脈、めまい、耳鳴り、生理不順など、さまざまな症状が見られます。
また、精神症状として、イライラする・怒りっぽくなる・不安感や恐怖心におそわれる・記憶力や集中力の低下・やる気が出ない・すぐに悲しくなって落ち込むなどもあります。

自律神経の乱れからくる不調は病院で診察や検査をしてもはっきりとした原因が分からないことがとても多いです。

自律神経を整える生活とは?

自律神経を乱さない、整える生活は、普段の生活に少し意識や工夫をするだけで
取り組める気軽なものも多くあります。

・朝起きたら日光を浴びる
朝起きたら、まずはカーテンを開けて日光を浴びる習慣をつけましょう。
目から光の刺激を入れることで、体内で幸せホルモンとも呼ばれる「セロトニン」が活性化されます。セロトニンは自律神経を整える働きがあります。
また、陽射しをたっぷり浴びることで体内時計がリセットされ、身体に活動と休息のリズムも生まれます。その為、不眠などの症状にも効果的です。
・適度な運動をする
ウォーキングなどで身体を動かす事で、ストレスを受けたことにより減少していたセロトニンなどの分泌を促し、活性化することが出来ます。
また、ヨガやストレッチなどの、リラックスしてゆっくりと行なう運動では、常に交感神経が興奮している状態から副交感神経を活性化することが出来ます。
・湯船に浸かる
お風呂の時間はシャワーだけで済ます方も多いと思いますが、
36~40度のぬるめのお湯に浸かることで身体がとてもリラックスし、副交感神経が優位になります。
・良質な睡眠を取る
良質な睡眠を取ることで、しっかりと心身の疲れを解消し、自律神経の切り替えが出来ます。
良質な睡眠を取る為に、就寝1時間前から携帯やパソコンを見ない、オレンジ系の暖色の照明で過ごすなど様々な工夫をしましょう。
・腸内環境を整える
腸は「第二の脳」と呼ばれるほど、ストレスや緊張などの精神的な影響を受けやすい器官です。
便秘や下痢などによって腸が不調な状態が続くと、副交感神経の働きが低下してしまいます。
朝起きたらコップ1杯の水を飲む、ストレッチで腸を活性化させる、食物繊維や乳酸菌を積極的にとるなどを生活の中に取り入れてみて下さい。

自律神経と鍼灸の関係性

自律神経の根本の部分は脊髄(背骨)の中にあるため、胸椎と腰椎を刺激することで、交感神経と副交感神経に影響を与えることができます。鍼灸治療で胸椎と腰椎を刺激することによって、副交感神経の機能を高めて、交感神経と副交感神経のバランスを整えます。
また、筋肉の緊張を和らげ、血行を促進して症状を改善することが出来ます。
凝りや血行を良くすることでストレス減少や身体の負担の減少、更には、セロトニンなどの分泌を促し、活性化することが出来ます。

宝塚院、川西院の鍼灸治療では自律神経の乱れからくる不調(不眠、頭痛、倦怠感など)を改善するのはもちろん、お悩みの根本の原因である自律神経もきちんとバランスを整えることが可能です。
原因不明の不眠や頭痛、倦怠感などでお悩みの方、実は自律神経が乱れているかもしれません。
是非鍼灸治療を受けてみて下さい。