ブログ

冷えの原因と対策

この季節になると、鍼灸の患者様のお悩みで多いのが『冷え』です。

手は暖かいのに足が冷えているケースや

冷えを自覚していないけれど、温かいものに触れると心地よく感じる「隠れ冷え症」など、、、

『冷え』の中にも様々な種類があります。

身体が冷える原因

①体内で熱が作れない
1日の熱量の6割は筋肉で作られています。つまり、筋肉量が少なかったり、運動不足や筋肉の衰えなどにより、生み出せる熱が少なくなってしまい身体が冷えてしまいます。
男性よりも女性の方が冷え性の人が多いイメージがある方が多いと思いますが、それは、女性の方が男性よりも筋肉量が少ない為、冷えを感じやすいからです。

②作られた熱が全身に届かない
筋肉などから作られた熱は 血液 と共に全身にいきわたります。
しかし、貧血や動脈硬化などの血液や血管の状態が良くない場合や低血圧などで血管調整がうまくいかない場合に熱が全身までいきわたりにくくなります。
また、睡眠不足ストレスなど様々な理由で 自律神経 が乱れてしまったり、食べ物を食べ過ぎてしまうと消化のために血液が胃腸に集まってしまうと全身に熱がいきわたりにくくなります。
さらに、脂肪には血管がほとんど通っていないので、皮下脂肪の量が多いと熱が加わっても、その熱が全身にまでは伝わらず、冷えを感じやすくなってしまいます。

身体が冷えると起こる症状

「冷えは万病のもと」 ともいい、身体が冷えると頭から足先まで様々な症状が引き起こされます。
①血流が悪くなる
冷えによって血流が滞ることで毛細血管まで温かい血液が流れずに、ますます手足などが冷えてしまいます。
また、人間の身体は冷えると先に内臓を先に温めようとする為、
血液は身体の中心に集中していきます。
そのため、末端となる手足に十分に熱が行き届かなくなり、手足が冷える 「末端冷え症」 が慢性化してしまいます。
②老廃物が溜まる
冷えて血流が悪くなると代謝が低下し、体内にある老廃物が溜まりやすくなります。
また、おしりや太ももといった下半身に老廃物が蓄積されて、
むくみ セルライト に繋がります。
③免疫力低下
体温が1度下がると、免疫力が30%以上低下する ともいわれており、
冷えによって疲労が感じやすくなったり、
花粉症やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患、
風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなります。

内面的な不調

・うつ病になりやすい
うつ病のメカニズムが完璧に明かされているわけではありませんが、
幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンや、ドーパミンなどの神経伝達物質の分泌量が減ることによってうつ病が起きるという説があります。
体温が低いとこのような伝達物質をきちんと作り出すことが出来ません。
また、常に身体が冷えていると自律神経が乱れ、ストレスがかかり、
うつ病になりやすいといわれています。
「うつは温めて治す」 このような書籍も発売されています。

身体的な不調

・肩凝り
冷えが原因で筋肉にきちんと血流が行き渡らず、肩凝りになる場合があります。
夏よりも冬の方が肩凝りがひどい気がする、、、
お風呂などで肩凝りがましになる、、、
といった方は冷えが原因の肩凝りの可能性があります。
・生理不順
冷えによって月経に大きく関わっている女性ホルモンにまで影響を及ぼします。
女性ホルモンは、冷えや無理なダイエット、ストレスなどで脳が生命の危険を感じ取ると、身体が女性ホルモンの分泌をやめて、生理をストップさせようとしてしまうことがあります。
・不眠
通常、活動的である日中の体温を上昇させ、夜になると体にたまった熱(深部体温)を下げるために手や足先の末梢の血管を拡張させて血流量を増やします。
そして深部体温が下がり始めると眠気を感じます。
しかし、身体が冷えていると深部体温をこれ以上下げないで!という身体の防御機能が働いてしまい、その結果、体温の変動が少ないために「休息」のスイッチが入りづらく、 寝つきが悪い 質が浅い など睡眠に障害が生じてしまいます。

その他にも頭痛や便秘、下痢、腰痛など、
いずれも生活や仕事に大きな影響を与えてしまうため、日頃から予防策をとることが大切です。

冷え対策

<ご自宅で出来る対策>
①お風呂はシャワーだけでなく湯船につかる
40度ぐらいのぬるめの湯船につかり、全身の血流改善をしましょう。
冷え改善だけでなく、リラックス効果も期待出来ます。
②軽めの運動をする
激しい運動ではなく、エレベーターでなく階段を使うことや
近場の買い物は車ではなく、徒歩で移動する
など、出来ることから始めましょう。
③温かい食事をとる
身体が冷えている時に冷たい食べ物や飲み物をとるとますます冷えてしまいます。
身体を温める作用がある食べ物、飲み物を意識的にとるようにしましょう。
Ex) 生姜・ネギ・ニラ・ニンニク・にんじん・ごぼう・ほうじ茶・番茶 など
④長時間の同じ体勢を避ける
パソコンや携帯を触る時、気づくと長時間同じ体勢をしていることが多いです。
伸びをしたり、かかとを上げたり、出来る範囲でストレッチをしましょう。
⑤水分を取る
身体の中の水分が少ないと血流の流れが悪くなり、熱が全身へ行き渡らなくなります。
1日1.5L~2Lを目標にこまめに水分補給しましょう。

<宝塚院、川西院で出来る対策>
鍼灸治療
身体全体に鍼やお灸をすることで全身の血行を促進させ、
冷えにくい身体 へと体質を改善出来ます。
冷えでお悩みの方は是非鍼灸治療を受けてみて下さい!